世界遺産 国立西洋美術館の本館保全

世界遺産 国立西洋美術館の本館保全

国立西洋美術館には絵画や彫刻と同じくらい重要なものがあります。それは美術館の建築そのものです。

1959年に完成した国立西洋美術館は、20世紀を代表する建築家のひとりであるル・コルビュジエにより設計されました。
「近代建築の5つの要点」を具体的に表現していることや「無限成長美術館」の思想を体現していること、また、日本における近代建築運動に大きく貢献したことが評価され2016年7月世界文化遺産に登録されました。

国立西洋美術館では、この世界に誇る歴史的建造物を後世に伝えていくため、適切な維持・管理を行い、必要な修理等を行っています。
寄附金額
1,000/口
Le Corbusier(1887-1965本名シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ=グリ)は、時計製造で有名なスイスのラ・ショー=ド=フォンで生まれました。

当地の装飾美術学校を出た後、ウィーン、ベルリン、パリで建築や工芸、芸術の新しい運動に触れます。建築はオーギュスト・ペレやペーター・ベーレンスに短期間従事したほかは独力で学びました。

建築を設計する際には、研究を重ねたうえでプロトタイプ(基本型)を作成し、実際に建設される敷地や環境に応じて何度も考えなおす。という手法を使いました。

フランスを中心に活躍したル・コルビュジエは、合理的、機能的で明快なデザイン原理を追求し、20世紀の建築や都市計画に大きな影響を与えました。
国立西洋美術館は、第二次世界大戦後フランス政府に差し押さえられていた松方コレクション(株式会社川崎造船所の社長であった松方幸次郎がヨーロッパで収集した西洋美術作品)の寄贈返還を受けるために設立されました。

1955年、寄贈返還における条件のひとつとなっていた新しい美術館のために、日本政府はル・コルビュジエに設計を依頼しました。

建設にあたってはル・コルビュジエのアトリエで学んだ3人の弟子、坂倉準三、前川國男、吉阪隆正が協力しました。

多くの日本人建築家がル・コルビュジエの作品に影響を受け、ル・コルビュジエの建築思想は日本における近代建築運動に大きく貢献しました。
ル・コルビュジエによって19世紀ホールと名付けられた空間は建物の中心に置かれ、美術館の核となっています。吹き抜け空間が2階や中3階と様々なところでつながり豊かな空間が形つくられています。

〇三角形のトップライト : 北向きの明かりとりの窓から、やわらかな自然光が差し込みます。

〇建物を支える柱と梁:姫小松という木を用いた型枠にコンクリートを流し込んで作られたため木目が美しく浮き出ています。

〇斜路(スロープ) : ル・コルビュジエが多くの作品に用いた斜路は登るにつれゆるやかに景色が変わります。柱の奥に見え隠れする作品や見え方が変わる三角形の天井など、空間の変化をゆっくりと楽しみながら移動することができます。
19世ホールを取り囲むように配された展示室は、天井の高低や所々で途切れた壁の配置によって、多様な空間の広がりや変化を楽しみながら回遊することができます。

国立美術館オリジナルグッズプレゼント

オンラインまたは郵便局・ゆうちょ銀行(窓口・ATM)でご寄附をいただいた方には、国立美術館五館の建物イラスト入りの寄附限定オリジナルグッズをプレゼントいたします。
10口(10,000円)以上でWHYTROPHYのロゼット(リボン徽章)を、20口(20,000円)以上でトートバッグ(限定カラー)を、50口(50,000円)以上で折り畳み傘をプレゼント!!!