調査・研究事業

調査・研究事業

美術作品の真価を人々に伝え、魅力ある展覧会を企画していくには、地道な調査研究が欠かせません。調査研究は、美術館のすべての事業の基礎になっているきわめて重要な活動です。その成果は、展覧会・コレクションなどの充実という形で、来館者・利用者の皆さまに還元されます。
寄附金額
1,000/口
美術館を選ぶ
国立西洋美術館

国立西洋美術館

国立西洋美術館は収蔵作品の公開や展覧会企画などの事業をよりよいものとするため、基礎となる地道な調査研究活動を重視しています。

美術史の調査研究においては過去から最新の研究動向にいたるまで幅広く情報収集に取り組むことが重要で、そのために専門書の購入、学術雑誌の購読契約、文献複写、学術情報データベースの購読利用などにかかる諸費用が必要です。

こうして蓄積された研究資料は展覧会・コレクションなど当館事業を通じて利用者の皆さまに還元されています。

さらに国立西洋美術館研究資料センターでの公開を通じて、国内外の美術館学芸員や研究者らの調査研究にも資するものとなるよう研究基盤整備に努めています。
国立西洋美術館

国立美術館オリジナルグッズプレゼント

オンラインまたは郵便局・ゆうちょ銀行(窓口・ATM)でご寄附をいただいた方には、国立美術館五館の建物イラスト入りの寄附限定オリジナルグッズをプレゼントいたします。
10口(10,000円)以上でWHYTROPHYのロゼット(リボン徽章)を、20口(20,000円)以上でトートバッグ(限定カラー)を、50口(50,000円)以上で折り畳み傘をプレゼント!!!