国立国際美術館 40周年

国立国際美術館 40周年

開館40周年記念事業へ皆様のご支援をお願いいたします。
寄附金額
1,000/口
国立国際美術館 40周年

国立国際美術館 40周年

国立国際美術館は、1970(昭和45)年に大阪で開催された日本万国博覧会の万国博美術館の建物を活用して、1977(昭和52)年に国立の美術館として開館しました。

その後、建物の老朽化・狭隘化を解消するため、2004(平成16)年に大阪の中之島に移転し、この間、20世紀後半以降のいわゆる現代美術を中心に扱い、時代の進行にあわせ新しく生まれる美術の様相を示す現代美術の調査研究と展覧会を開催するとともに、特に展覧会に関しては、古代から近代までの優れた美術品等も同時に紹介してまいりました。あわせて主に現代美術作品と資料の収集、調査研究、修復保存、教育普及及び出版物の刊行等を行っています。

また、2001(平成13)年の独立行政法人化を機に、我が国における芸術文化の創造と発展、国民の美的感性の育成を使命とした美術振興の中心的拠点として、現代美術等の鑑賞機会をより多くの国民の皆様に提供するため、努力しているところです。

当館は2017(平成29)年に開館40周年を迎えます。これを機に、以下のような開館記念事業を計画しております。

●開館記念展
これまでの国立国際美術館の活動を振り返り、今後の美術の動向を見据えた展覧会の開催

●出版物の刊行
開館記念展カタログなどの刊行

●関連イベントの実施
開会記念展やこれまでの40年間の美術館活動の歴史と知見に基づく連続シンポジウム
講演会、ギャラリートーク、ワークショップなどの教育普及事業

●現代の音楽シーンを紹介するコンサート

●大阪の伝統芸能によるイベント

開館記念事業と作品収集などの美術館活動をより一層充実したものとするため、当館の活動とこれらを通じた美術振興にご賛同いただける皆様からのご支援を心からお待ちしております。
国立国際美術館 40周年
広々とした地下空間
新館開館記念展「マルセル・デュシャンと20世紀美術」(2004.11.3~12.19)会場風景
旧建物全景(千里万博公園)

国立美術館オリジナルグッズプレゼント

オンラインまたは郵便局・ゆうちょ銀行(窓口・ATM)でご寄附をいただいた方には、国立美術館五館の建物イラスト入りの寄附限定オリジナルグッズをプレゼントいたします。
10口(10,000円)以上でWHYTROPHYのロゼット(リボン徽章)を、20口(20,000円)以上でトートバッグ(限定カラー)を、50口(50,000円)以上で折り畳み傘をプレゼント!!!