所蔵作品・フィルムの修復

所蔵作品・フィルムの修復

国立美術館では、たくさんの美術作品を所蔵していますが、経年による劣化などで傷んでしまうことがあります。貴重な作品を良好な状態で後世に伝えていくため、保存・修復作業が美術館の大事な活動となります。
また、国立映画アーカイブでは、映画フィルムや映画関連資料の修復・復元を行っています。
国立映画アーカイブ

国立映画アーカイブ

国立映画アーカイブでは、たくさんの映画フィルムや映画関連資料を所蔵していますが、フィルムに固有の化学変化や経年劣化などにより、変形や褪色が生じることがあります。貴重な作品を良好な状態で保存し、劣化や損傷の見られるフィルムを修復・復元し、長期にわたって鑑賞できるようにしておくことが、国立映画アーカイブの大事な活動になっています。
国立西洋美術館

国立西洋美術館

国立西洋美術館は、唯一コレクションの保存修復・保存科学部門を持っている国立の美術館です。美術作品は長い年月の間に不適切な温湿度管理・光や空気の質などの周辺環境・虫などの生物被害や移動時の振動などで経年劣化していきます。あるいは地震などの災害などで損傷することもあるかもしれません。このような作品を取り巻くあらゆる劣化要因からコレクションを守り、未来に受け継ぐために、美術作品の劣化の速度を遅らせる保存修復処置を施したり、来館者のみなさまが安心安全に作品を鑑賞できるよう周辺環境を整えたりする仕事をしています。
国立国際美術館

国立国際美術館

国立国際美術館は、現代美術作品の収集を中心に行う唯一の国立美術館です。絵画・彫刻・版画といった、みなさまに親しみのある作品だけでなく、写真、映像、それらを複合的に組み合わせた作品、さらにはパフォーマンスといった、現代美術のフロンティアを切り開く作品の収集にも積極的に取り組んでいます。どのような作品であれ、収蔵品を適切に保管し、展示可能な状態にすることは美術館の使命の大きな柱です。さまざまな劣化要因から作品を守り、必要に応じた保存修復措置をきめ細やかに行います。こうした過程において、現代美術ならでは の新たな素材や技術について調査研究することも、私たちの重要な仕事のひとつです。

写真:ロバート・ラウシェンバーグ《至点》(1968年) 作品点検の様子 国立国際美術館 2018年
所蔵作品・フィルムの修復への寄附
寄附金額 1,000 円/口
美術館
口数

国立美術館オリジナルグッズプレゼント

オンラインまたは郵便局・ゆうちょ銀行(窓口・ATM)でご寄附をいただいた方には、国立美術館6館の建物イラスト入りの寄附限定オリジナルグッズをプレゼントいたします。
10口(10,000円)以上でノート(3色セット)を、20口(20,000円)以上でポーチ(12㎝×20㎝)を、50口(50,000円)以上でモバイルバッテリーをプレゼント!!!