情報・資料の収集

情報・資料の収集

展覧会や美術に関する資料や書籍を集め、ライブラリなどで公開しています。古く脆弱な資料のデジタル化や、国内の新聞や雑誌の記事、海外の美術資料に関するデータベース作成などにも取り組んでいます。


このページでは、各館の活動を紹介します。
国立新美術館

国立新美術館

国立新美術館は「情報や資料の収集・公開を通じて人と芸術をつなぐ美術館」として、近現代美術に関する資料、特に戦後の日本美術に関する図書、雑誌、アーカイブズ資料等を収集・整理・公開しています。戦後の国内の展覧会カタログに関しては、網羅的に収集するとともに、諸外国の日本美術研究の拠点に寄贈しています。また、全国の美術館等における展覧会情報を提供しています。

 
東京国立近代美術館

東京国立近代美術館

アートライブラリは、美術に関する調査研究の基盤として、国内外の近代美術を中心とする資料の収集・整理・保存・公開に取り組んでいます。図書やカタログ 約15万冊、雑誌約5,500タイトルを所蔵し、研究者や学生、一般の方々にご利用いただいています。オンライン上では、「東京国立近代美術館リポジトリ」を通して、美術館の活動や調査研究の成果を世界に向けて発信し、後世に資料を遺していくため、歴史的にも貴重な資料や記録のデジタル化にも力を入れています。
国立工芸館(東京国立近代美術館)

国立工芸館(東京国立近代美術館)

アートライブラリでは、主に近・現代の工芸・デザインに関する作品集、展覧会カタログ、各種美術参考図書などを約3万冊、美術雑誌を約1,500タイトル所蔵しています。展覧会会期中の平日午後に開室しており、閲覧室の資料のほか、事前申込でその他の資料もご覧いただけます。
国立西洋美術館

国立西洋美術館

コレクションを知り、またよりよい展覧会を開催するための基礎となる地道な調査研究活動を行っています。美術史の調査研究は過去から最新の研究まで幅広く情報収集に取り組むことが重要で、そのための専門書など研究資料の収集を行っています。こうして蓄積された研究資料を元に調査や研究を行った成果は常設展や展覧会に反映され、みなさまにご覧いただいています。また、収集した研究資料は当館研究資料センターでの公開を通じて、国内外の研究者などの調査研究に役立てられています。
国立国際美術館

国立国際美術館

国立国際美術館は、国内外問わず、現代美術に関する資料を積極的に集めています。専門書や図録などの図書資料を収集するのはもちろん、当館の展覧会ほか様々な事業に付随する印刷物や記録写真を保管し整理するなど、その活動は多様です。美術館は、作品を集め、見せるためだけの場所では必ずしもありません。収蔵品、所蔵作家のことをよりよく知り、意義ある展覧会を開催するための知が蓄積される場所でもあります。日々の情報収集が、コレクションの形成や展覧会の企画を下支えしているといっても、過言ではないでしょう。また、美術の調査研究に資するべく、当館では現在、収集した資料の公開を推し進めているところです。
国立映画アーカイブ

国立映画アーカイブ

国立映画アーカイブでは、4階に図書室を設け、日本で刊行された映画関連図書の約7割を所蔵し、一般の方々の閲覧が可能となっています。

京都国立近代美術館

近/現代美術を中心とした国内外の図書や展覧会図録のほか、過去に開催した展覧会の資料、所蔵作品の写真やネガ、フィルム・映像データ類、新聞切抜など、美術史研究のみならず、美術館活動に関する将来的検証・研究に資する資料を収集・保管しています。
情報・資料の収集への寄附
寄附金額 1,000 円/口
美術館
口数

国立美術館オリジナルグッズプレゼント

オンラインまたは郵便局・ゆうちょ銀行(窓口・ATM)でご寄附をいただいた方には、国立美術館6館の建物イラスト入りの寄附限定オリジナルグッズをプレゼントいたします。
10口(10,000円)以上でノート(3色セット)を、20口(20,000円)以上でポーチ(12㎝×20㎝)を、50口(50,000円)以上でモバイルバッテリーをプレゼント!!!